通関士の資格

通関士試験の難易度を徹底検証

通関士の試験はどんなレベルにあるのか、相手を知るために通関士の難易度を検証していきます。まずは、合格率を見ていきましょう!

【近年の試験結果】

 

受験者数

合格者数

合格率

平成16年度

10,191人

1,920人

18.8%

平成17年度

9,953人

2,466人

24.8%

平成18年度

10,357人

725人

7.0%

平成19年度

10,695人

820人

7.7%

平成20年度

10,390人

1,847人

17.8%

平成21年度

10,367人

807人

7.8%

平成22年度

9,490人

929人

9.8%

平成23年度

9,131人

901人

9.9%

平成24年度

8,972人

769人

8.6%

平成25年度

8,734人

1,021人

11.7%

平成26年度

7,692人

1,013人

13.2%

平成27年度

7,578人

764人

10.1%

これは過去10年の合格率ですが、平成18年度よりはきびしい数字が並んでいます。
合格率が10%を超えているのは8回のうち2回のみです。

試験が難化した理由は、平成18年度より試験方式が変わったことにあります。
通関士の試験は受験資格のない誰でも受けられる試験です。
そのため通関士の人気上昇に伴い、税関は試験の簡略化を図り、

厳しい数字が並んでいます。特に平成18年度から、従来の「マークシート+記述式」から、「全てマークシート方式」に統一し、出題数を多くしました。

だからといって、問題の内容が急に難しくなったわけではありません。合格率が下がったのは、試験方式の変更により、各出版社の試験対策のテキストが追いついていないことなども理由に挙げられると思います。

いち早く試験制度の変更に対応しているスクールや通信講座を活用することで、この課題は解決できるはずです。

また、合格率が10%を割っているとはいっても、数ある国家資格を相対的に見てみますと、通関士は決して、超難関の試験ではありません。

以下のランキングをご覧ください。
<国家資格の難易度ランキング>
Sランク 司法書士、公認会計士
Aランク 税理士、社会保険労務士、行政書士、1級建築士
Bランク 通関士、教員採用試験、2級建築士
Cランク 宅地建物取引主任者、旅行業務取扱主任者

税務のスペシャリスト税理士を目指すよりはかなり楽で、不動産資格の定番の宅建に合格するよりはかなり大変。そのくらいの意識でいていただければ大丈夫です。

では、あえて通関士資格の合格を左右する要素は何かといえば、
それは冒頭で述べた「適切な学習法」と、学習量です。

社会人であっても、貿易業務以外の仕事に携わっている人ですと、通関士の知識はゼロだと思ってください。学生のみなさんとまったく同じ初学者なのです。

つまり学生や時間に余裕のある仕事をしている人など、
学習量を十分に確保できる方に、勝算が大きいのが通関士の試験です。

通関士試験の難易度は、勉強時間をより多く確保できるかどうかで変わってくるのです!

「自分にはその条件が整っている」
そう自信を持たれた方は、次のページを読み進めていきましょう。

>>短期間で効率良く通関士に合格する勉強法のページ